中野友加里×無良崇人対談第4弾!代名詞・トリプルアクセルについて語る

タグ: , , 2021/3/10

 フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんがフィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

先月26日公開の動画より、SP対談としてゲストに男子シングル元日本代表の無良崇人さんが出演。

その第4弾となる9日公開の動画では、フィギュアスケートの重要要素となる「ジャンプ」、そして「トリプルアクセル」について語られている。

・今すぐ読みたい→
【SP対談】中野友加里×無良崇人が振り返るそれぞれの全日本選手権「全部自分が思った通りにやることができた」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-takahitomura/

ジャンプの練習は○割


この度、自身が監修し、無良さん協力の著書「フィギュアスケート ジャンプ完全レッスン 技術と魅せ方に差がつく」を発売したという中野さん。

「私はジャンプが得意ではないので、得意ではない部分を見直して、是非これからスケートを始める人・今やっている人に少しでもアドバイスができ、プラスの方向に働けば良いなと思い、作成しました。」と、出版にあたっての思いを口にした。

フィギュアスケートの中でも、特にジャンプは欠かせないものだというが、無良さんも

「日本では、スケートというとトリプルアクセルとか、そう言ったワードが出てくるので、フィギュアスケートと言ったらジャンプというイメージはあると思いますね。」

と、「ジャンプ」というものの大きさについてコメント。





自身はドーナツスピンを得意としていた中野さんは、練習の際もスピンに力を入れていたと話しているが、無良さんはどのような練習をしていたのだろうか?

「9割と言ったら言い過ぎかもしれませんが、8.5割くらいはジャンプの練習をしていたと思います。スピンは0.5割くらいでしたね・・・(笑)」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧