ミスター・ファイターズ田中幸雄、決勝打の平沼に意外な辛口アドバイス

タグ: , , 2019/5/17

 5月16日に放送された「BS12プロ野球中継2019」。東北楽天ゴールデンイーグルスVS北海道日本ハムファイターズ(●楽天0-2日ハム○)では、副音声の実況にアナウンサーの近藤祐司さん、解説にミスター・ファイターズこと田中幸雄さんを招いてビジター応援放送を行った。

・合わせて読みたい→
大田、公文、杉浦…適材適所で輝かせる日本ハムの編成方針(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nippon-ham-of-organization-policy/)


前日の乱打戦と打って変わり、両軍終盤まで無得点の投手戦。試合が動いたのは7回表、日本ハムの攻撃。9番サードでスタメン出場していた平沼翔太選手がキャリア初ホームランを放ったかと思われたが、審判は2塁打の判定。リプレイ検証の結果、わずかに高さが足らずホームランとはならなかったが、決勝点となるタイムリーツーベース。

副音声の解説を務めた田中幸雄さんは「平沼選手は左投手にも逃げたりしていない。対左になると腰が引けるバッターもいますけど、ボールに向かっていっている」と評価。

お預けとなったホームランには、「力不足。筋トレをしてパワーとキレを身につけて欲しいといつも会うと伝えている。結果を残して成長して、次世代のショートに彼の名前が出るように頑張ってほしい」と檄を飛ばした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧