F1参戦の角田裕毅が豪胆ぶりを披露「ミスを恐れずガンガン攻めていく」

タグ: , , 2021/3/21

 アルファタウリ・ホンダとドライバー契約を結んだ角田裕毅(20)が満を持してF1デビューする。日本人がF1に参戦するのは2014年にケータハムで出場した小林可夢偉以来、7年ぶり。育成プログラムの王道を進みながら寄り道することなく、F1の切符をつかみ、将来的には日本人初の優勝の期待も大いに向けられている。

バーレーン合同テストに参加したアルファタウリの角田裕毅((c)RedBull Conrent Pool)

・今すぐ読みたい→
角田裕毅のF1デビューが正式決定「F1ドライバーになることは、小さな頃からの夢でした」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukitsunoda-f1-debut/



 12~14日にバーレーンで行われた合同テストでは最終日にレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)に次ぐ2番手タイムをマークした。他チームがどのような内容のテストを行っているかは分からず、そのまま比較することは難しいものの、メルセデスやフェラーリなどのトップチームも走っているなかでトップ3に入れたことは何よりの朗報だ。

 合同テストを終えて数日後に報道向けのオンライン会見が行われた。間もなく迎える開幕戦バーレーンGP(28日決勝)の目標について質問が及ぶと「目標は特にないです。ポイントが取れるように頑張るくらい。F1の経験がないので想像できませんが、僕がいま持っているパフォーマンスをすべて出し切ってミスを恐れずガンガン攻めていけたらな」と言い切った。

 ミスを犯せば、周りの評価が下がる恐れもあるが、「そこでミスもあるかもしれませんが、それで自分の弱点も分かると思う。弱点を第2戦に改善することもできる」と逆転の発想を繰り出す。1年目の戦い方についても「できるだけ点を取る。もちろん、表彰台に乗りたいし、優勝もしたいですけど、レースでは何が起こるか分からないので、序盤はミスを恐れずに攻めていって、中盤から終盤にかけてアダプト(適応)してまとめていければと思います」とし、冷静かつ客観的に自分のレース計画を立てている様子だ。





 さらに自身のセールスポイントを「ブレーキングとオーバーテーク」と断言している。具体的には「コーナーに入るには全てブレーキングから始まる。ブレーキングが良くないとクルマの挙動が乱れたり、変化をつかみづらくなったりする」と説き、「オーバーテイクは(開幕前の合同テストで)1回だけあった。相手は(ウィリアムズの)ラッセルで、決勝シミュレーション中だったが、自信を持ってブレーキングで突っ込んでオーバーテイクできた」と豪胆ぶりを披露した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧