「今度こそ国民栄誉賞ものの快挙ではないか」との声も 佐藤琢磨が3年ぶり2度目のインディ500優勝

タグ: , , 2020/8/26

 インディカーシリーズに参戦する佐藤琢磨(43)が23日に行われた「第104回インディ500」(米インディアナポリス)で、2017年以来となる3年ぶり2度目の優勝を飾った。複数回の勝利を果たしたのは史上20人目。日本時間24日にはNHKだけでなく、地上波の民放キー局全てがスポーツニュースで歴史的な優勝を取り上げ、反響の高さをうかがわせた。

ウイナーズサークルで優勝者に与えられる牛乳を頭から浴びる佐藤琢磨(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
F1ドライバーで初の新型コロナ感染者が その同情すべき「感染理由」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/f1-driver-new-corona-virus-infected/



 琢磨のマネジメント事務所によると、レース後にNHK総合だけでも「ニュース・気象情報」「ごごナマ」「ニュースウオッチ9」「ニュースきょう一日」などの報道・情報番組が伝え、衛星放送のNHK・BS1では24日午後7時から「【祝優勝!佐藤琢磨】完全放送 世界最速レース インディ500 佐藤琢磨が挑む!」のタイトルで大会を録画で放送した。

 モータースポーツの話題がスポーツニュースで一斉に取り上げられるのは珍しい。かつては放映権を有している放送局のみが伝えることが多く、F1はブームだった1980年代後半からはフジテレビだけが独占的に扱い、オートバイのロードレース世界選手権(モトGP)も日本テレビのみ。言い換えれば、特定のモータースポーツ競技に対してはどんなに活躍しても放映権を持つ局以外は無視をしてきたということになる。

 琢磨が2017年にインディ500を初制覇した時よりもスポーツニュースで取り上げられた頻度は高く、モータースポーツ関係者からも「今度こそ国民栄誉賞ものの快挙ではないか」との声もあがり始めている。





 前回優勝した時にはモータースポーツの選手では初めてとなる「内閣総理大臣顕彰」を授与された。スポーツ界ではゴルフの岡本綾子、サッカーのジーコ、柔道の田村亮子(現在は谷姓)、大相撲の魁皇(現・浅香山親方)らに贈られた栄誉ある顕彰には違いない。が、なじみのある「国民栄誉賞」の方が事実上、上位の位置付けにあることは否めない。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧