F1・角田裕毅が日本人初となるデビュー戦入賞「フェルナンド・アロンソをパスした瞬間・・・」

タグ: , , 2021/3/30

 F1開幕戦バーレーンGPの決勝が28日、バーレーンインターナショナルサーキットで行われ、日本人として7年ぶりのF1参戦となったアルファタウリ・ホンダの角田裕毅(20)が9位でゴールし、日本人初となるデビュー戦入賞を果たした。同時に日本人の最年少入賞記録も更新した。

9位入賞を果たしたアルファタウリ・ホンダの角田裕毅((c)RedBull Content Pool)

・今すぐ読みたい→
角田裕毅のF1デビューが正式決定「F1ドライバーになることは、小さな頃からの夢でした」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukitsunoda-f1-debut/



 デビュー戦初入賞には違いない。が、実は日本人のデビュー戦新記録をマークしたわけではない。日本人記録は1987年ブラジルGPの中嶋悟、97年オーストラリアGPの中野信治がマークした7位。当時は6位までが入賞という狭き門だったため、ポイントを取ることができなかった。現行のポイントシステムでは得点対象の入賞は10位まで。だから日本人初のデビュー戦入賞となるのだ。

 中嶋悟さんは角田の9位という結果について「デビュー戦に入賞したということは素晴らしい。次のレースも期待したい」と喜んだ。

 ちなみに角田のデビュー戦9位は日本人では歴代3位タイ。しかも他に3人もいる。1976年にアジアで初開催となったF1日本GP(富士スピードウェイ)でスポット参戦した高原敬武(サーティース)、翌77年の日本GP(富士)で日本チームのメイリツレーシングからスポット参戦した高橋国光。

 最近では2009年のブラジルGPでトヨタからレギュラードライバーの代役で急きょデビューした小林可夢偉だ。03年から入賞が8位までに拡大。10位までに変更されたのは10年からで、可夢偉もデビュー戦でポイントゲットはできなかった。





 それまでの日本人最年少入賞記録を持っていたのは中嶋一貴だった。23歳2カ月で出場した2008年第1戦オーストラリアGPで6位に入った。前年の最終戦ブラジジルGPでF1デビューしており、実質的には参戦2戦目だが、「フル参戦1年目の開幕戦」というくくりでは、一貴の記録が日本人最高位となっている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧