世界を取りに行く!若松佑弥の覚醒した秘密とは!?世界タイトルマッチを控え、独占インタビュー!

タグ: , , , 2022/1/21


 2022年3月26日に、ONE世界フライ級選手権試合(5分5R)現王者のアドリアーノ・モラエス(ブラジル/ATT)と、同級2位の若松佑弥(日本/TRIBE TOKYO M.M.A)が開催される。

現チャンピオンとのビッグマッチを控えた若松佑弥がこのたび、本サイトの独占インタビューに応じた。

【動画】ONE世界タイトルマッチ!世界を取りに行く、若松佑弥独占インタビュー!
・今すぐ読みたい→
「契約金7千万円が振り込まれた通帳を見て? 本当に振り込まれたって思いました」元西武の投手でキックボクサー・相内誠が激白③ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/makotoaiuchi-interview-03/

勝ってから喜ぼうと思っている



ついに実現したこのビッグマッチ。しかし若松に興奮はなかった。

「すごくうれしいが、決まったことは当たり前のことだと思っているので。勝つのはうれしいですけど、試合が決まっただけで喜んでいてはいけないので、気持ちはいつも通りです。勝ってから喜ぼうと」

MMA戦績はここまで15勝4敗。ミスターKOとして圧倒的な強さを示してきた若松はビッグマッチにも動じる様子はなかった。

2018年9月のONE Chanpionshipの初参戦から始まり「色々な経験をさせてもらった、この試合は集大成」とひそかに闘志を燃やす。

そんな若松もONEに参戦した当初は2連敗からスタート。しかしその後5連勝を飾るなど、覚醒した姿を見せ、完全復活を果たしている。そこには自身のターニングポイントがあったのか。若松はある一人のファイターの名前を挙げ、こう振り返る。

「DJ(デメリトアス・ジョンソン)戦がターニングポイントですね。壁を一つ越えられた。世界トップの選手と初めて組んだのがその試合だったので、目安が出来たし、自分の技術やパワーに自信がつきましたね」

と、世界トップクラスの選手との試合で確かな手ごたえを得て成長したことを明かし、そこで多くの事を学んだという。






「メンタル的なことが多いですかね。試合に対する考え方や、世界トップのメンタルコントロールやトレーニングを学びました」

「15分、25分の試合の中でいかにパワーを持っていけるか。そのために、直前までリラックスしてベストなパフォーマンスを出す。リングインしたら相手にフォーカスして自分のやることをやる。そういうことを教えてもらい、前回の試合でやっと理解できた」

と、メンタルの強化が自分が覚醒した要因のひとつと振り返った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧