寝ても疲れが取れない。そのだるさの原因とは?

タグ: , , 2024/6/15

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 寝ても疲れがとれない、だるくて仕事がはかどらない・・・。

その疲れ、もしかしたら「肝機能低下」からきているのかもしれません。

【関連記事】その症状、肝機能低下のサインかも!「肝臓」と「疲れ」のつながりについて





肝臓は、解毒や代謝といった人間の生命維持に欠かせない臓器です。

肝臓の機能が低下すると、全身に様々な不調を引き起こすといわれています。

疲労感は、特徴の一つです。疲れているなと思ったら、肝臓の働きをチェックしてみるのもいいかもしれません。

肝臓は、「沈黙の臓器」といわれる器官。

他の臓器よりも我慢強いゆえに、ダメージを受けていてもなかなか気づきにくいと言われています。
自覚症状のないままに、気づいたら手遅れということもある。そんな肝機能の異常サインを知らせてくれるのが、「ALT」や「γ-GTP」などの数値です。

年一回の健康診断で見てもらっているから大丈夫!ではなく、こまめに検査することをおすすめします。

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧