我慢強い人ほど注意!熱中症の正しい対策と対処法

タグ: , 2022/7/3

 暑い日が続いています。そんな時こそ気を付けないといけないのが、日常に潜む危険な急病「熱中症」です。深刻な場合は命に関わることもあるので、的確な知識で楽しい夏を過ごしましょう。

【関連記事】「夏バテしたらスタミナつけるは間違い!?」医師が教える本当に有効な「夏バテ」対策とは

そもそも熱中症はどんな症状が起こるの?

 「熱中症」とは、高温多湿の環境下で体温調節がスムーズにいかなくなるために起こる様々な障害の総称です。その症状は軽度から重度まであり、いくつかに分類されています。(下記、1から数字が大きくなるにつれて重度)

1.日射病
・発症状況→炎天下の運動
・ 病態→脱水
・ 体温→38℃以下
・ 発汗→あり
・ 症状→嘔吐、脱力
・ 給水、処置→冷水、必ずしもスポーツドリンクでなくてOK

2.熱けいれん
・発症状況→高温多湿
・ 病態→Na(ナトリウム)欠乏性脱水
・ 体温→38℃以下
・ 発汗→あり
・ 症状→けいれん(腹部)
・ 給水、処置→薄めたスポーツドリンク

3. 熱疲労
・発症状況→高温環境
・ 病態→高度の脱水、電解質異常
・ 体温→40℃以下
・ 発汗→あり
・ 症状→頭痛、意識障害(軽度)
・ 給水、処置→建物や木陰など涼しいところで安静に





4. 熱射病
・発症状況→高温環境下での運動
・ 病態→高度の脱水、多臓器不全
・ 体温→40℃以上
・ 発汗→なし
・ 症状→頻脈、昏睡
・ 給水、処置→アイシング、意識のある人には水分補給

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧