運動すればがんの進行を抑制できるってほんと?

タグ: , , 2021/4/22

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]


 研究によりアドレナリンの働きによって、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が誘導されることがわかりました。

NK細胞とはリンパ球の1つで、血液中を巡回してウイルスや細菌などの外敵や、がん細胞を攻撃してくれます。

免疫の中でも運動に対して反応を示し、運動をすることでNK細胞は活性化されます。

しかし、激しい運動をし過ぎるとNK細胞の動きが低下してしまい免疫力も落ちてしまいます。

この場合の激しい運動とは、短距離走やバーベル上げ等の無酸素状態での運動を意味しており、無酸素状態での運動を2時間以上続けているとNK細胞の働きが低下してしまうので注意が必要です。

楽しみながら有酸素運動をすることで、幸福感をもたらすと言われる「β-エンドルフィン」という神経伝達物質とNK細胞が結合され、更にNK細胞が活性化し免疫力が高まります。

・今すぐ読みたい→
がんにならないために!守るべき「がん予防12か条」 https://cocokara-next.com/stress/cancer-prevention-should-protect/





「フィットネス」新着記事

  • フットネス

    むくみの原因と予防法

    2021.05.13 フットネス
  • フットネス

    毎朝 目覚めた瞬間 スッキリしてますか?

    2021.05.13 フットネス
  • フットネス

    世界的な成功者から学ぶ、朝早く起きるメリットとは?

    2021.05.13 フットネス
CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧