運動すればがんの進行を抑制できるってほんと?

タグ: , , 2021/4/22

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]


 研究によりアドレナリンの働きによって、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が誘導されることがわかりました。

NK細胞とはリンパ球の1つで、血液中を巡回してウイルスや細菌などの外敵や、がん細胞を攻撃してくれます。

免疫の中でも運動に対して反応を示し、運動をすることでNK細胞は活性化されます。

しかし、激しい運動をし過ぎるとNK細胞の動きが低下してしまい免疫力も落ちてしまいます。

この場合の激しい運動とは、短距離走やバーベル上げ等の無酸素状態での運動を意味しており、無酸素状態での運動を2時間以上続けているとNK細胞の働きが低下してしまうので注意が必要です。

楽しみながら有酸素運動をすることで、幸福感をもたらすと言われる「β-エンドルフィン」という神経伝達物質とNK細胞が結合され、更にNK細胞が活性化し免疫力が高まります。

・今すぐ読みたい→
がんにならないために!守るべき「がん予防12か条」 https://cocokara-next.com/stress/cancer-prevention-should-protect/





「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧