【ゴルフ】フェアウェイウッド攻略!ウッドの苦手意識をなくす方法

タグ: , , 2024/5/30

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

 トータルゴルフフィットネス トレーナーの小林です。

今回は橋本コーチにお願いをして、FWのレッスンを実際にして頂きたいと思います。

私自身FWの苦手意識がとにかく強いです。

ロングコースの2打目で使用することが多いFWですが、うまくいかない時はダフリやひっかけというようなミスをしてしまうことが多々あります。
皆さんは同じようなお悩みを抱えたことや抱えている方はいませんか?

私自身、レッスンを受け変化をすごく感じることができたのでフェアウェイウッドの苦手意識がある方は是非レッスンの流れをご覧ください。

動画にてレッスンの流れを確認することができますので是非ご視聴ください。

フェアウェイウッドを打つ際には、芝への接地面積を多く少し滑らせるようなイメージを持ってスイングをしています。

実際にイメージ通りのスイング、番手での適正な数値でのスイングができているか橋本コーチによるフライトスコープレッスンで解説をして頂きたいと思います。

【関連記事】動画でわかる!正しいドライバーの打ち方とコツ10選





橋本コーチ解説

ウッド系でのスイングで少し滑らせるイメージを持たれている方はとても多くいます。

滑らせるイメージを持ってスイングを実際にするとクラブの入射角が適正な数値にならない場合が多くあります。それでは小林トレーナーのスイングの数値を実際に見て解説をしていきます。

こちらのデータが小林トレーナーのスイングの数値です。

現在の入射角は3.6°になっています。アッパーブローで少しすくって打っているスイングになっています。

このようにすくって打ってしまうとフェーズの下部に当たるのでボールが浮かなかったり捉まらなくてスライスなどが出てしまいやすいです。

基本的に地面に置いてあるボールを打つ際はどんなクラブでもダウンブロー、ボールの先にクラブ軌道の最低点がいくような値で打つことがFWを上手く打つためのポイントになります。

フライトスコープではLow Point(最低点)というデータで数値化できるのでそこの数値を確認します。

現在のスイングでは-13.6cmという数値になっており最低点がボールより13cm手前にきています。

この数値をマイナスの数値から逃げ出し、プラスの数値が出るようになるとダウンブローでスイングできている目安になります。

これらの入射角やLow Pointの数値を適正化するための身体の動きやリストの使い方を実際に行なっていきましょう。

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧