ゴルフ練習場(打ちっ放し)のルーティンを紹介!短い番手から打ってくのがおすすめ

タグ: , , , , 2020/9/8

[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

 さて今回は、僕がやっている「ゴルフ練習場でのルーティン」の紹介となります。

毎週末練習場に顔を出す僕。一応こだわりのルーティンがあるので、ただ何となく練習しているって方は参考にして下さい。

・今すぐ読みたい→
ゴルフスイングの勘違い ~ タメを作る ~ https://cocokara-next.com/fitness/misunderstanding-golf-swing/

①しっかりストレッチしよう!ゴルフは意外と怪我しやすいスポーツ


まさか打席についてすぐ打つなんて行動してませんよね?

ゴルフは意外と怪我をしやすいスポーツです。しかも癖になるので中々治りづらい…。

ゴルフ肘や腰、背中辺りは本当によく痛めます。

僕もそうだったのですが、ゴルフって年配者でもやるスポーツなので、「怪我のない楽なスポーツ」とナメられやすいんです。

実際は重い棒をブンブン振り回すスポーツです。ストレッチで体を柔軟にしましょう。

ではどんなストレッチがおすすめか?一般的なアキレス腱や手首、腰辺りを回す程度で大丈夫。後は短い番手で体全体を慣らすように数十回素振りをしましょう。





②短い番手から打っていこう

体がほぐれたら、いよいよ打撃練習に入りますが、まずは短い番手から打っていきます。

「今日はドライバーを徹底的に練習するぜ 」という日も、必ずウエッジから握りましょう。

体を慣らしていく目的もありますが、短い番手から順番に打っていく方が距離を確かめやすいんです。アイアンってほとんどが10ヤード刻みです。なので順番に打っていく方が距離が分かりやすい。

4番アイアン→SWウエッジ→5ウッドじゃ距離の把握がしにくい訳です。

僕の場合、以下のような順番が多いですね。

56度ウエッジ→30、50、70ヤード
50度ウエッジ→100〜115ヤード

この時点で10球ほど打ち、そこから9番から1つずつ打っていき、最後はドライバーという感じです。とにかく【飛ばないクラブ→飛ぶクラブ】と順番に変えていきます。

最後は短い番手に戻る
ドライバーまで打ち、その後は気になったクラブのみ再び打ちます。

そして最後はウェッジを握り、軽く流して終了となります。

最後に短い番手で終わる理由として、ドライバーで振り過ぎた体を少しほぐす意味合いがあります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧