「免疫力アップ訓練所」とは・・・

タグ: , , , , 2022/3/10

「免疫力を高めてコロナ重症化を防ぎましょう」
「免疫力を高める食材〇〇を積極的に摂りましょう」

免疫や免疫力という言葉を、頻繁に耳にするようになりました。しかし、「免疫とは?」と聞かれたら…説明できない方も多いのではないでしょうか。

病気予防や健康な体づくりにも欠かせない免疫力について、薬剤師であり、予防医学マイスター、予防医学士の坂田武士氏に聞きました。

体を守る免疫細胞「白血球」


<Q:免疫細胞とは?>
人の体は約37兆個の細胞でできていて、その中に免疫細胞が存在します。免疫細胞は白血球のことで、血液中の約1%しかないとても貴重な細胞です。外から侵入したウイルスなどから体を守るだけでなく、体内で生まれるがん細胞をやっつける役割も持っています。

免疫細胞は骨髄で作られ、血管を通って全身を巡ります。免疫細胞を強くする訓練所が腸にあるため、免疫や免疫力には腸を整えようと言われるようになりました。

<Q:訓練所「腸」では何が起きている?>
腸内には「パイエル板」と言われる免疫器官があります。腸内環境が良い人は、体内に侵入してきた異物や有害物質をパイエル板が少しずつ取り込んで、免疫細胞と戦わせ、訓練により強くなった免疫細胞が全身に配備されます。しかし、腸内環境が悪い人は、正しく訓練されないまま全身に排出されてしまうのです。

・今すぐ読みたい→
その症状、肝機能低下のサインかも!「肝臓」と「疲れ」のつながりについて https://cocokara-next.com/fitness/signs-of-decreased-liver-function/






腸内環境の改善に必要な3つのアプローチ

<Q:3つのアプローチとは?>
①プロバイオティクス
乳酸菌、ビフィズス菌、発酵食品など体に良い働きをする腸内細菌で、食品から摂取することができ、善玉菌とも言われています。
(ヨーグルト、納豆、キムチなど)

②プレバイオティクス
水溶性の食物繊維やオリゴ糖のことで腸内細菌の餌です。①のプロバイオティクスは生き物なので、ごはんを食べさせる必要があります。
(穀類、海藻類など)

③バイオジェニックス
善玉菌が水溶性の食物繊維やオリゴ糖などを食べると作られるのが、短鎖脂肪酸(酪酸、プロピオン酸、酢酸など)です。
短鎖脂肪酸は血液にのって全身に配備され、交感神経に作用して代謝を上げたり、脂肪蓄積を抑制したり、免疫力を活性化させたりします。

<Q:3つ全部が必要?>
短鎖脂肪酸は良い腸内環境でないと作られません。そのため①と②を両方摂取して、まずは腸内環境を整える必要があります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧