肺炎対策の効率を高めるために

タグ: , , , 2022/6/16

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

仕事の合間の喫煙は不健康に引きずり込む休憩です

 たばこを吸わない人はたばこのニオイに敏感です。私事ですが、ジョギングしている時でもニオイを感じて、ニオイの元はどこなのかと辺りを見回す時があります。風上に火の点いたたばこを指に挟んでいる人がいる。車の窓を開けて、悠々と満足気にたばこを吸っている人を見付けることもあります。

【関連記事】「喫煙」による金銭と時間の浪費について

 もしも喫煙所から漂うけむりの行く先に保育施設があるとしたら・・・。

 園児たちが野外でシャボン玉を追い掛け、暑い日には水遊びをして遊んでいます。クーラーを掛けるまでもない心地よい日中は、3密を避けるためにも窓を大きく開けて外の新鮮な空気を取り入れようとしています。しかしその子たちは副流煙によって健康を損なうかも知れません。保育士の中にはたばこのニオイ(副流煙)が気になる方もいらっしゃるはずです。

 高年齢者雇用安定法の施行によって、定年が60歳から65歳に引き上げられました。労働人口が減って人手不足の世の中だから、定年後も多くの方が再雇用や再就職する。働き続ける高齢者が益々増加するのです。

 仕事の合間の休憩時間。せっかくもらった自由なひとときなのだから、リラックスしたい気持ちは分ります。だけど人に迷惑を掛けながらの休憩は勘弁して欲しい。





たとえば従業員の通用口のすぐ横に喫煙所が幅を利かせている事業所があるとします。営業開始まで正面玄関から出入りはできません。従業員は通常表からは目立たない通用口から出入りします。だから必然的に喫煙所も通り過ぎます。たばこを吸っている人がいれば、当然濃淡は別としてもけむりの中に入って行かざるを得ません。なぜ嫌煙者が肩身の狭い思いをしなければならないのでしょうか?定着しない従業員が多い(俗にいう出入りの激しい)業態にとって、「健康経営」は他所のことなのでしょうか?これだけたばこの害について語られているのに、今までの価値観に捉われた執着心。もう改めるべきだと思う。一部の満足の代償として、周囲の人が我慢しなければならない環境は、もはや不当なのです。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧