栄養満点! 食べて健康的にやせられる「お肉ダイエット」の極意!

タグ: , , 2019/7/24

 お肉はカロリーが高そうだからダイエット中は控えなきゃと思っている方はいませんか? 実は、それは大きな間違い。お肉はダイエットに最適な栄養素をたくさん含んでいるのです。上手に食べれば、効果的にやせることができますよ!

ダイエットの強い味方、お肉。だけど、好き勝手に食べていいというわけではありません。そこで今回は、ライザップの栄養士の西頭加奈子さんに、ダイエットに効果的なお肉の食べ方を聞きました。お肉の種類による栄養の違いやお肉レシピも紹介。おいしく食べて健康的に痩せたい人は必見です!

・合わせて読みたい→
赤い色素アスタキサンチンパワーに注目! サーモンのチカラ(https://cocokara-next.com/food_and_diet/nutrients-of-salmon/)

お肉はどうしてダイエットにいいの?

お肉は「たんぱく質」が豊富で、筋肉量を増やし、瘦せやすい体を作るのに効果的です。そしてもう一つ見逃せないのは「L-カルニチン」という栄養素。脂肪の燃焼を助けてくれる働きがあります。「L-カルニチン」が不足すると、食事に含まれる脂肪がエネルギーに代わることなく蓄積されるため、どんどん太ってしまいます。

種類によって異なるお肉の栄養を知ろう!


お肉の種類によっても栄養価は様々。それぞれの特長を知っておきましょう。


脂肪燃焼を促す「L-カルニチン」が多く含まれています。運動とセットで取り入れると効果的です。また他の肉に比べて「カロリー」と「脂質」は高めですが、「たんぱく質」、「ビタミン」、「ミネラル」、「脂質」のバランスがよく、コレステロールを低減する「不飽和脂肪酸」が豊富です。


良質の「たんぱく質」や「脂質」を豊富に含み、「亜鉛」や「鉄分」、「ビタミンB郡」も多く含まれています。他の肉よりも「カロリー」が高いので、減量中は「脂肪」の少ない赤身を選択しましょう。


豚肉には牛肉の約10倍の「ビタミンB1」が含まれています。疲労回復のビタミンと呼ばれ、「糖質」を「エネルギー」に変え、皮膚や粘膜の健康維持も助けてくれます。


皮なしの鶏肉は「低カロリー」で「高たんぱく」。消化吸収に優れ、滋養強壮や筋骨強化、疲労回復などにも効果的です。皮膚や粘膜を強化する「ビタミンA」も、牛肉の10倍、豚肉の3倍含まれています。


「低カロリー」で「高たんぱく」、さらに「ビタミン」や「ミネラル」も豊富です。「脂肪」の質は魚に似ていて、「オメガ3(αリノレイン酸)」が多いのも特徴。この「αリノレイン酸」は、がん発生を抑制し、血流をよくする効果が期待できます。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧