「ギンナン中毒」ってご存知ですか?食べ過ぎにはご注意!

タグ: , , , , , , 2022/9/29

 朝晩を中心に、少しずつ冷え込んで来ましたね。夏も終わり、季節は確実に秋に近づいています。

また、秋といえば、美味しい味覚がたくさんありますよね。

今回はその中から、ギンナンをピックアップしてお伝えします。

【関連記事】「納豆」の驚くべき効果効能






秋が旬の銀杏。焼いたり炊き込みご飯にいれたりお酒のつまみにしたりと、さまざまな楽しみ方がありますよね。またギンナンにはビタミンA、B群、ビタミンC、カリウム、鉄分など多くの成分が含まれています。

ですが、注意点としては食べ過ぎないことがあげられます。

坂田先生によると、1日の目安摂取量は大人で6粒程度と言われているそう。

では、食べすぎると、一体どのような症状が起きるのでしょうか?

「代表的なところで言うと、嘔吐や下痢が挙げられます。また、ひどい場合だと、呼吸困難や痙攣を引き起こすこともありますね」

場合によってはかなり重症化もするという症状。呼吸困難や痙攣は、なりやすい方の特徴などは特にはなく、基本的には誰でも起こりうるそうです。

では、ギンナンの食べ過ぎによるこれらの症状は、どのような成分によって引き起こされるものでしょうか?

「メチルピリドキシンという栄養素です。これは、一度に大量摂取すると、先に挙げた症状を引き起こすものなんです。

ギンナンはビタミンも豊富なのですが、食べ過ぎには十分に注意ですね」

食欲の秋ではありますが、注意をしながら、秋の味覚を楽しんでくださいね。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

【内科医監修サプリで二日酔い対策!】「闘魂しじみウコン(120粒入り) 」しじみ約700個分の「オルニチン」+ウコンの有効成分「クルクミン」100mg

【関連記事】切り干し大根の驚くべき効果効能

【関連記事】らっきょうの驚くべき効果効能

坂田 武士

一般社団法人日本予防医学マイスター協会 代表理事
株式会社サムライフ 代表取締役

昭和大学薬学部薬学科を卒業後、薬剤師免許を取得。大手製薬会社勤務や特別養護老人ホームの施設長などを経て、予防医学やエイジングケアの重要性を感じ、2009年株式会社サムライフを設立。2019年一般社団法人日本予防医学マイスター協会を設立し、全国で予防医学の資格認定を発行している。薬をすすめない薬剤師として、これまでに1万人以上の独自のオーダーメイド予防医学カウンセリングを行う。筋肉を維持して脂肪だけを落とす「オプティマムファスティング(R)」は、健康・美容業界のプロの間で広がり、便秘外来や整形外科のクリニックやエステサロン、プロスポーツ選手などにも取り入れられている。この方法を記した著者「4日間で脂肪だけをキレイに落とす本」(学研プラス)が好評を博す。

<保持資格>
薬剤師、予防医学マイスター(R)、予防医学士(R)、オプティマムファスティングコーディネーター(R)、スポーツファーマシスト

株式会社サムライフ
http://somelife.co.jp

一般社団法人日本予防医学マイスター協会
http://jpma.life

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧