腎臓内科医が教える「コレステロール値の注目ポイント」。大切なのは善玉と悪玉の比率

タグ: , , , , , , 2024/4/30

 腎臓内科、透析科等を専門とする「大森真帆麻布十番クリニック」の院長・大森真帆先生に「CoCoKARAnext」がインタビューを行った本連載。

前回は知られざる腎臓と痛風の関係についてお伝えしました。

3回目となる今回は、痛風も含まれる、生活習慣病についてご紹介します。

【関連記事】「痛風」発症者の約半分がかかっている病気とは!?腎臓内科医が 教える「沈黙の臓器」との関係性とは

コレステロール値はどう見ればいいのか?

生活習慣病の中でも、特に中年男性の多くが気にしているのは、コレステロール値ではないでしょうか?最近では、コレステロール値を下げる健康食品も多く出ていますよね。

実は、このコレステロール値について、大森先生は、ある点に気をつけて欲しいといいます。

「今は総コレステロールの数値よりも、悪玉コレステロール、善玉コレステロールの比率で判断します。たとえ、悪玉コレステロールの数値が低くても善玉も低ければ、投薬が必要になることもあります。例えば悪玉コレステロールが同じ180だとしても、善玉コレステロールが100の人と30の人では全然違う。投薬の基準が違ってきてしまうんですよね」





加えて、総コレステロール・、善玉コレステロール・悪玉コレステロールと同じく血中脂質成分の一種である中性脂肪についても、このような注意が必要だといいます。

「中性脂肪は、前日や直前に食べた物が影響します。当然脂肪分の多いものを摂取したら数値も上がります。あとは、肝臓での代謝の問題なんですよね。肝臓は、必要な脂質を蓄積したり、不要なものを排除する。例えば、そんなに食べてもいないし痩せているのに、中性脂肪だけ高い方もいます。
そういう方は、普通よりも肝臓での分解能力が低いと思ってください。すごい痩せていても若い時からコレステロール値が高くて狭心症になっちゃうとかもありますから」

と大森先生。

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧