「痛風」発症者の約半分がかかっている病気とは!?腎臓内科医が 教える「沈黙の臓器」との関係性とは

タグ: , , , , 2022/9/22

 「沈黙の臓器」と呼ばれるなど、病気が起きた際、その兆候がなかなか現れにくい臓器とされている「腎臓」。それゆえ、症状が出た時には既に遅いとまでいわれています。

そんな腎臓について、腎臓内科、透析科等を専門とする「大森真帆麻布十番クリニック」の院長・大森真帆先生に「CoCoKARAnext」がインタビューしました。

第2回目の今回は、腎臓と関わりがあるという「痛風」についてご紹介します。

【内科医監修サプリで二日酔い対策!】大森真帆医師監修の「闘魂しじみウコン(120粒入り)」しじみ約700個分の「オルニチン」+ウコンの有効成分「クルクミン」100mg

尿酸値が高い=腎臓の病気が発症しやすい

 中高年男性に特に多いとされている痛風。この痛風、甘く見てはいけません。

実は、腎臓と大きな関わりがあり、痛風にかかっている人の多くは「慢性腎臓病」に移行している可能性があるというのです。

「実は、痛風で腎臓が悪くなるということはあまり知られていないんです。一般的に、尿酸値が高いと痛風になる可能性が高まります。尿酸はそもそも尿から排泄されるので腎臓を通ることになります。痛風になると、足が痛くなると思うのですが、足が痛くなるのと同じように腎臓も傷をつけていることになるんです」





 実際に、痛風から腎不全を患う人も多く、結果として透析患者になる傾向も多いといいます。

「特に40-50代の男性は尿酸値が高いと言われていますが、軽視せずに、腎臓内科を受診してください。健康診断を受けると、結果に肝臓・胆のう・膵臓の検査、そして腎臓検査のところに、尿酸値という項目があるので、見て欲しいです。尿酸値が高い=腎臓の病気が発症しやすいことだとおもってください」

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧