「等閑」「懇ろ」「詳らか」・・・大人が読めない意外な漢字とは

タグ: , 2022/1/27

 意外と読み方が難しい漢字は多いもの。逆にそういった言葉を普段使いできれば、周囲から「オッ!」と思わせることができるかも!?そんな漢字5つを紹介する。


1.等閑
読み方は「なおざり」。真剣でないこと。いいかげんにしておくこと。似た言葉とされる「おざなり」にはその場しのぎというニュアンスが含まれる。

2.胡乱
読み方は「うろん」。正体が怪しく疑わしい様。真実かどうか疑わしいこと。「胡」には、でたらめという意味がある。

3.不束
読み方は「ふつつか」。気のきかない様。風情がなく下品なこと。「不束者」は行き届かない者のこと。





・今すぐ読みたい→
「灰汁」「必定」「更迭」・・・大人が読めない意外な漢字とは https://cocokara-next.com/lifestyle/chinese-characters-can-not-read-adult-05/

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧