「箴言」「久遠」「虚仮」・・・大人が読めない意外な漢字とは

タグ: , 2022/5/20

 意外と読み方が難しい漢字は多いもの。逆にそういった言葉を普段使いできれば、周囲から「オッ!」と思わせることができるかも!?今回は教養が試される漢字5つを紹介する。


1.箴言
読み方は「しんげん」。教訓の意味を持つ短い言葉。「箴」には、戒めるという意味がある。

2.久遠
読み方は「くおん」。ある事柄がいつまでも続くこと。仏教用語では、長く久しいこと。

3.陥穽
読み方は「かんせい」。動物などを落とし込ませるための穴。転じて、人を落とし入れる策略、わな。「敵の仕掛けた陥穽にはまる」など。





【関連記事】「御神酒」「黙示録」「三行半」・・・大人が読めない意外な漢字とは

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧