「箴言」「久遠」「虚仮」・・・大人が読めない意外な漢字とは

タグ: , 2022/5/20

 意外と読み方が難しい漢字は多いもの。逆にそういった言葉を普段使いできれば、周囲から「オッ!」と思わせることができるかも!?今回は教養が試される漢字5つを紹介する。


1.箴言
読み方は「しんげん」。教訓の意味を持つ短い言葉。「箴」には、戒めるという意味がある。

2.久遠
読み方は「くおん」。ある事柄がいつまでも続くこと。仏教用語では、長く久しいこと。

3.陥穽
読み方は「かんせい」。動物などを落とし込ませるための穴。転じて、人を落とし入れる策略、わな。「敵の仕掛けた陥穽にはまる」など。





【関連記事】「御神酒」「黙示録」「三行半」・・・大人が読めない意外な漢字とは

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧