年齢は衝撃の5億年!世界で一番長生きする生き物は?

タグ: , , 2018/8/24

 人間の寿命はどんどん延びている。厚生労働省の調査によると、日本人の平均寿命は男女ともに80歳を超えている。だが生き物の世界は上には上がいる。


 「鶴は千年、亀は万年」のことわざ通り、カメは地球で最も長く生きている脊椎動物と言われている。インドで06年に亡くなったアルダブラゾウガメのアドワイチャは250年以上生きた。ニュージーランドの限られた地域に生息するムカシトカゲは約2億年前の恐竜時代の種を擁した唯一の生き残りと言われてる。爬虫類のなかで最も成長が遅く、35歳ぐらいまで成長を続け、寿命は100~200年とも言われている。

 意外に寿命が長いのがコイだ。平均寿命は30~50年と言われているが、100年以上生きるのも珍しくはない。中には200年以上生きた個体も。岐阜県の東白川村で飼育されていた「花子」は1977年に永眠したが、鱗を年輪のように数えると226年生きたという。さらに凄いのが南極海に住む海綿動物だ。低温の海水により成長が遅く、1550年生きている個体が発見されたという。

・合わせて読みたい→
猛暑の日本は世界一暑い? 最高気温71度の「世界一暑い国」と違う暑さを感じる理由とは(http://cocokara-next.com/lifestyle/intense-heat-of-japan/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧