「ギザ十」「フデ五」って知ってる?キャッシュレス時代に見る硬貨の価値とは

タグ: , 2020/4/14

 クレジットカード・電子マネーやスマホ決済など、キャッシュレス化時代到来の今、あの懐かしい「ギザ十」「フデ五」などの硬貨は何処へ?その価値はいかほど?知る人も少なくなったちょっと変わった硬貨、財布にあるとなぜか嬉しいお宝?ラッキーコインを紹介していこう。





・今すぐ読みたい→
GACKT、氷室京介、哀川翔…意外すぎる人気芸能人の本名 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/male-entertainer-real-name-is-too-surprising/

プレミアム硬貨とは?

造幣枚数が少ない硬貨や、製造途中にミスがあった硬貨は、額面よりも高い価値が付くことがある。こういった希少価値のあるコインが、いわゆるプレミアム硬貨だ。

日本の貨幣は、財務省所管の独立法人造幣局で製造。その発行枚数は、財務省が年度ごとに決定する。例えば消費税の引き上げで1円玉が必要であると見込むなど、世の中の流通状況を考えて決まるのだ。

「ギザ十」「フデ五」とは?


稀に見かける「ギザ十」と「フデ五」は、コレクターの間でも多く知られ、収集率の高い硬貨だ。

【ギザ十】
呼び名の響きも良く、硬貨の側面がギザギザになっている10円硬貨。昭和26~33年の7年間に発行された。発行開始の昭和26年と、発行終了の33年に特に注目したい。

(未使用)昭和26年:約6万、昭和33年:5万円
(使用済)約10円~100円前後

【フデ五】
フデ=筆、つまり5円玉の表記が、日本国→國などの楷書体デザインになっている5円硬貨。昭和24~33年に発行された。昭和34年から貨幣のデザインが一新され、それに合わせてモダンなイメージにと5円もゴシック体に変更されたという説がある。特に価値が高い昭和32年に注目だ。

(未使用)約200円~数千円
(使用済)ほぼ5円

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧