陸上リレー、まさかの予選落ちも好材料!東京五輪出場条件は?

タグ: , 2019/5/18

  そんなに悲観しなくてもいいのではないか。

 東京五輪金メダルを目標に掲げる、陸上4×100メートルリレーの日本男子チーム。来年の本番へ試金石となるはずだった11日の陸上・世界リレー大会(日産スタジアム)で、まさかの予選落ちを喫した。上位10チームに与えられるドーハ世界選手権(9~10月)の出場権獲得を逃した。


 予選3組に登場した日本のメンバーは多田修平(22)、山県(やまがた)亮太(26)、小池祐貴(23)、桐生祥秀(23)。3走・小池から受けようとしたバトンを4走・桐生がつかめない。宙に浮いたバトンをお手玉してなんとかキャッチして走りだし、大幅にタイムロスしたものの3着で入線。だが「バトンが手渡しされなかった」ことからレース後に失格となった。

 メディアは、こぞってミスをクローズアップし、原因を追究。五輪への課題、不安を指摘した。確かに、バトンパスは日本のお家芸。生命線ともいえるバトンでの失敗は致命傷だけに、選手スタッフは集中攻撃を受ける形となった。

 3走・小池「バトンに不安はなかったので想定外という感じです」

 4走・桐生「緩みがあった。集中しないとミスするんだと改めて感じた」

 日本代表・土江寛裕ヘッドコーチ「長い間、失敗がなかったのは奇跡に近い。リレーにミスは起こり得る。大きな財産になる」

 レースの内容はどうたったか。米国、中国が入り「死の組」といわれた予選グループで、桐生がバトンを受けるまで、日本が後続に差をつけて独走していた部分は見逃せない。今大会は、故障でケンブリッジ飛鳥、飯塚翔太が不在。代役として、コーナーのうまい18年アジア大会200メートル金メダリストの小池が抜てきされた。連係不足が響いてミスしたが、アンカー桐生が普通にゴールを駆け抜けていれば、主力不在でも圧勝していただろう。

・合わせて読みたい→
東京五輪、日本は金メダル31個!?データ専門会社が導き出した最多11個の金メダル予想の種目とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tokyo-olympic-gold-medal-forecast/)

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧