運とチャンスは一生懸命でまじめな人にやってくる?

タグ: , , 2019/5/10

 なぜ運がいい人、運が悪い人がいるのでしょうか。運とチャンスは人間関係の中にあります。運がいい人にも運の悪い人にもそれぞれ理由があるようです。


■「サル」と呼ばれてチャンスをつかんだ豊臣秀吉

織田信長の草履を懐で暖めたというエピソードが有名な木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)。信長に「サル!」と呼ばれながらもとても可愛がられ、のちに大出世します。

藤吉郎がチャンスをつかんだ理由は、時代背景として主君への忠誠心が大きいですが、サービス精神旺盛で明るく、腰が軽い人間であったからだと考えられています。

周りがチャンスを与えたいと思うキャラクターとは、声をかけやすく返事が早い、楽天的な人のようです。

■プライドよりも愛嬌を大切に

プライドが高い人は人に助けを求めることがなかなかできず、仕事を抱えてしまいがちです。上司や同僚に「手伝おうか?」と言われても「大丈夫です」と断ってしまいます。

責任感が強いと言えば聞こえは良いですが、実際は次の仕事が滞ってしまったり、周りも「責任感が強いな」とは思われず、「手伝うと言ったのに素直じゃないな」などと思われてしまいます。

素直に「ありがとう。助かります。」と感謝して好意を受け止めた方が相手も嬉しいでしょうし、仕事を頼まれやすくなります。

・合わせて読みたい→
筋トレ男子はモテる!?女性が筋トレをしている男性のことを魅力的に感じる理由とは(https://cocokara-next.com/motivation/muscle-training-men-is-popular-among/)

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧