ストレスが掛かる現代社会…ぐっすり眠るために必要なこととは

タグ: , , 2018/12/10

 臨床心理士の深瀬と申します。企業研修、職場環境に関する改善提案などを中心に活動しています。

 今回は「睡眠」についてお伝えします。

・合わせて読みたい→
量と質、どちらが大事?睡眠の極意(https://cocokara-next.com/lifestyle/secret-of-sleep/)


 仕事などで多忙な現代は心身にかかるストレスが多く、満足な睡眠を取れずに悩んでいる方が多いと思います。ぐっすり眠って疲れを取れるために、以下のことを参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.朝、決まった時間に起床する
 朝、決まった時間に起床してカーテンを開ける習慣をつけましょう。紫外線の影響を受けやすい人は医師に相談する必要がありますが、体のメカニズムでは、光を見た時から14~16時間後に眠気をもよおすようになっています。就寝する時間が不規則でも、朝の起床時間を一定にすることで睡眠のリズムが整えられます。

2.昼間は適度に体を動かす
 昼間、適度に体を動かすことによって、心地良い疲れを感じぐっすり眠れます。ただし、寝る前の激しい運動は自律神経のうち交感神経を優位に働かせ、興奮状態になります。その結果、目が冴えてしまうので気を付けましょう。

3.就寝の2~4時間前から強い光を見ることを避ける
 就寝前にパソコンやスマートフォンの強い光を見ると、脳にとって強い刺激になり、寝つきが悪く、そして眠りも浅くなります。就寝2~4時間前から強い光を避け、できることなら部屋の光も暖色系の柔らかな明かりにすることをお勧めします。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧