「広場恐怖症」公表した永野投手、「飛行機恐怖症」を告白したオランダ、キューバの英雄は?

タグ: , , , 2019/3/15

 聞き慣れない病名に驚かれた方も多いのではないか。ロッテの永野将志投手が12日のヤクルトとのオープン戦に登板後、「広場恐怖症」を患っていることを公表した。

 広場恐怖症は、特定の場所、環境下で過剰な恐怖や不安を持つ「不安症群」の一つ。「広場」という名前こそつくものの、閉ざされてすぐに逃げ出すのが難しい場所や状況にいると、激しい動悸などに襲われる。

 プロ野球選手である永野の場合、具体的に問題となるのは移動手段である飛行機や新幹線だ。

 石垣島でのキャンプでは、少しでも距離の短い大阪からの移動にチャレンジ。2度ほど試みたがうまくいかず断念し、社会人時代に所属したホンダの施設で調整していた。新幹線の移動は、駅間の距離が短い各駅停車のこだまだけなら可能という。昨年の仙台・楽天生命パークへの遠征は、車で4時間以上かけて移動していた。

・合わせて読みたい→
ロッテ・永野投手が公表、「広場恐怖症」とは?他にパニック症を公表している著名人は?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/celebrities-has-published-a-panic-disorder/)

ベルカンプは「飛行機恐怖症」


 移動手段に関する問題に悩まされるアスリートは意外と多い。

 世界的にも有名なのが「飛行機恐怖症」を公言していたサッカーの元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ。欧州大陸内であれば、どんな遠隔地にも陸路を選んだ。飛行機を理由に遠征を欠席することもあり、所属クラブや代表監督の悩みの種として知られていた。

 恐怖症を発症した理由は諸説あるが、搭乗予定機が爆破予告を受けたというエピソードが残っている。まだ恐怖症が定着する前の1994年アメリカW杯にはチーム便で渡米した。だが、大会期間中に代表チームの搭乗機が爆破予告の影響で緊急着陸。大会以降、ほとんど飛行機には乗れなくなったという。

 全盛期の2000年に31歳で代表引退を表明した。その理由の一つが、2002年日韓W杯で飛行機に乗れないため、極東の島国での大会を乗り切れない、というものだった。

 欧州クラブでプレー中も、自国リーグはまだしも、欧州CLなどで他国へ挑む際はアウエー戦は欠場することが多かった。ステージが上がり大事な試合になると、チームとは別行動で列車や車を駆使して長時間移動していた。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧