「誠に遺憾」、Bリーグ・三河が問題視する『アイツ』とは?

タグ: , , , 2019/3/12

 チームは、本当に迷惑している。


「気づいたら『謎のたまご』があったんです。2016-17シーズンが開幕すると、ホームのウィングアリーナ刈谷に『謎のたまご』があって…。その存在には気づいていましが、大して気にすることはありませんでした。そして、翌2017-18シーズンの10月、ホーム開幕の時の決起イベントで、突如として現れたんです、彼が。本来は、チームの公式マスコットである『シーホースくん』が登場するシーンだったのに、彼が聖火を持って走ってきたんです。度肝を抜かれましたね」

 そう重い口を開いてくれたのは、シーホース三河のチーム関係者。

 関係者が、『彼』というのは、ネット上でもアリーナでも、さらには他チームの選手まで巻き込んで、勝手に大暴れしている、自称「シーホース三河公式風マスコット・タツヲ」である。

・合わせて読みたい→
三河・岡田侑大がプロ転向からの3ヶ月を振り返る Bリーグ注目の大型ルーキー(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yuta-okada-interview/)

タツヲを丸裸に。活動目的は彼女探し?

言うまでもなくタツヲは「オス」で、ウィングアリーナ刈谷に住んでいる。

「噂では、かなりのお金持ちらしいんですよね。じゃないとチケット買ったり、タキシード買ったりもできないですし。さらに、シーホース三河の選手やチアのメンバーだけでなく、他チームのスポンサーや選手とも独自の関係を築いているんです。お金も時間もあって、行動力もあるのに、彼女はいないらしい(笑)」

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧