代表候補、三河・金丸晃輔 ラスト20試合への意気込み語る「チームのカタチが出来てきた」

タグ: , , 2019/2/26

 2月21日、24日に行われた『FIBAバスケットボールワールドカップ』アジア地区2次予選、日本代表24名の予備登録メンバーに、シーホース三河の金丸晃輔選手は選出されていた。

 結果、最終メンバーとして出場する事にはならなかったが、シーズン前半の活躍を見れば、バスケ界からの期待が高まるのも頷ける。

 今、日本でもっともマークを受ける選手、バスケ界のエースとして注目を集める金丸晃輔が、Bリーグ今シーズン残り3分の1に向けた自身の役割変化やチーム状況を語った。

・合わせて読みたい→
主将・狩俣昌也に聞いた「新生・シーホース三河」の現在地(https://cocokara-next.com/motivation/masaya-karimata-seahorse-mikawa/)


Q.2月11日秋田戦の第3Q。連続して3Pシュートが決まったがゾーンに入ったように見えました。
「ゾーンに入ったというよりは、立て続けにシュートが決まった。開幕時よりは、良いタイミングでパスが来るようになって、ボールを集めてくれるようになって、スコアに繋がっているんだと思う。あのようなシーンでは、どんどん打って、入らなくなったら違う人が攻めるっていうのが良くて。チームの『カタチ』として成り立ってきている気がする」

Q.フル出場は珍しいですよね?
「フル出場は、2~3年記憶にないですね。タイムアウト中に『今日は大丈夫』という会話をコーチとしたかもしれないですが…恐らく、ちょうどゾーンに入っていた時間だったので、切らしたくないというのもありました」

Q.過去のインタビューで、「ボールを持った時から2点を狙うプレーをした」と応えていたが、今日(2月11日)は3Pシュート。何か変化があったんですか?
「相手からすると3Pシュートを警戒していると思うので、それがダメなら違う方法で狙う。3点も2点も両方おさえるのは、ほぼ不可能。3点がダメなら2点、そうすればドライブが効いてくる。そういった切り替えをしているだけです」

Q.開幕時よりは、良いチームになってきているという印象はありますか?
「良くなっているんじゃないかと。開幕時は、例えば、僕自身がゾーンに入っていても、コートにいる5人が共通理解できてなくて、ボールが集まらなかった。でも、今は『金丸の時間』という共通理解ができるようになった。だからこそ、ゾーンが生まれるんだと思いますね」

Q.現状、日本で一番厳しいマークを受ける選手。試合中、苦しい時間もあったと思いますが、心のコントロール方法は?
「激しいマークには、もう慣れてきた。執拗以上にぶつかったりするのも、もう当たり前なので。ムキになって動き回って、タフショット打ちまくったら、体力的にも厳しいじゃないですか。冷静に考えると、ファウルをもらって、フリースローで2点稼ぐ方が賢いって思いますね」

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧