日本代表・比江島、橋本が移籍した三河 新体制にエース・金丸晃輔「僕の方が移籍した感じ(笑)」

タグ: , , , 2018/9/4

 つかの間のオフを経て、アイシン精機体育館にボールの音が戻ってきた。

 常勝チームを支えてきた橋本竜馬、比江島慎がチームを去り、大きな変革の時を過ごしているシーホース三河。9月7日(金)~9日(日)に豊橋市総合体育館にて開催される、2018-19シーズン初の公式戦「B.LEAGUE EARLY CUP 2018 TOKAI」で、新たな姿を披露する。


 「新生・シーホース三河」が、どんなカラーを打ち出し、チームとしてどのように戦うのか。ファンならずとも気になるところだが、現時点では初陣のスターティング5を予想することも難しい。

 大半が昨年からいるメンバーではあるが、類い稀なキャプテンシーを持つ橋本と、Bリーグ2代目MVPで、三河のWエースの一角を担ってきた比江島が抜けた影響は決して小さくない。加えて、今季よりBリーグのオン・ザ・コートルールが変更になり(4Q 全て外国人選手が同時に2人出場できる事になった)、リーグ全体として選手起用の戦略が大きく変化することが予想されるからだ。

新チームは「いい刺激」、「チャレンジの幅が広がる」

 エースの金丸晃輔は「僕の方が移籍した感じですね」と笑う。それでも、この変化を「いい刺激になる。楽しみな方が大きい」と語り、キャプテンの狩俣昌也は「チャレンジの幅が広がる。簡単ではないが、やりがいがある」と大きなモチベーションに変えている。

金丸晃輔選手

 2年連続でベスト5、ベストフリースロー成功率賞の2冠を達成した日本屈指のスコアラーは「得点に絡むという、僕の役割は変わらない」としながらも、「去年はポイントガード(PG)がゲームコントロールをしてくれていたので任せていたが、今年はオフェンスをしながら、「今誰がボールを触っていない」とか「誰が生きていない」とか、チーム全体を見るということを僕がやっていこうかなと思っています」と新たな役割に意欲的だ。

 決して多弁ではない金丸だが、「選手が入れ替わった時は、最初は絶対にうまくはいかない。うまくいかないことを溜めずに、どんどん発信していかないとチームがよくならないので、ストレスが溜まっていそうな選手を見つけたら、どんどん声をかけて聞いていきたい」とチームを牽引する覚悟を語る。

・合わせて読みたい→
リアル・ミッチー 集中力の整え方 金丸晃輔(三河)(http://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-concentration-kohsuke-kanamaru/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧