2032年の夏季五輪開催地はどこに?ソウル・平壌共催を推進したい文在寅政権

タグ: , , , 2020/3/3

 今年の日本にとってのビックイベントといえば東京オリンピック。東京での開催が決定したのは2013年のこと。

オリンピックが行われることにより経済活動が活発化し、経済効果が期待できるということもあり、各国が自国開催に積極的になる。





今回は、2032年の夏季オリンピックの開催を推進している韓国の思惑について紹介していこう。

2032年の夏季五輪招致に向けた各国の動き


2032年に行われる夏季のオリンピックを自国で開催したいと名乗りを挙げている国々を見てみると、シンガポールやマレーシア、インドネシア、インドなど経済成長が著しいアジア諸国が多いようだ。

アジアで初めてオリンピックが開催されたのが1964年の東京オリンピック。今年2020年も東京で開催されることもあり、島国で小さな国である日本でどのように開催するのか、参考にしようとアジア諸国の注目が集まっている。

アジア以外では、オーストラリアやドイツ、アルゼンチンなども名乗りを挙げていて、世界中で活発な招致活動が行われていくことだろう。

・今すぐ読みたい→
韓国代表選手団、防護服で東京五輪参加か?加速する東京五輪ネガティブキャンペーン https://cocokara-next.com/topic/accelerating-tokyo-olympics-negative-campaign-in-korea/

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧