韓国、台湾では配給制なのに・・・「全世帯に2枚配布」アベノマスクに非難ゴウゴウ

タグ: , 2020/4/5

 全世帯に布マスクを2枚配布するーー。感染拡大する新型コロナウイルスの対策をめぐり、安倍首相が打ち出したプランが猛烈な批判を浴びている。





 安倍政権の経済対策「アベノミクス」をもじり、「アベノマスク」と揶揄されるほどだ。菅官房長官の会見での説明によると、1枚あたりの単価は約200円。配達費用も含め、数百億円ものコストがかかるとみられている。

「費用を現金給付に回してほしい」「そのお金で不織布マスク製造に設備投資して、欲しい人はいつでも買えるようにしてほしい」といった不満が噴出している。

・今すぐ読みたい→
支持率上昇も・・・韓国 新型コロナ水際対策措置で報復「日本人拒否」の吉凶 https://cocokara-next.com/topic/korea-japanese-people-rejected/


「布製マスク配布を発案したのは、安倍首相のスピーチライターも務める経産省出身の佐伯耕三首相秘書官だといわれています。1月中旬に国内で感染1例目が判明以降、紙マスクの極度の品薄が続く中、2月上旬頃にこのプランが浮上していたといいます」(政治部記者)

 国民の不安解消策として練りに練られたプランは、海外でも失笑を買っている。米ブルームバーグ通信(電子版)は「アベノミクスからアベノマスクへ マスク配布策が冷笑を買う」という見出しの記事を配信。

 米フォックスニュースも「エープリルフールの冗談ではないかと受け止められている」と報じ、ツイッター上に上がっている安倍首相の加工画像を交えながら「安倍首相が一連のパンデミック対応で、批判にさらされている」と伝えた。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧