「核ボタンを押した」メーガン妃 英国内では同情薄、アンチ増幅

タグ: 2021/3/14

 米CBSが放送した特別インタビュー番組は、英王室とヘンリー王子&メーガン妃の亀裂を決定的にしたばかりでなく、英国内の「反メーガン妃」を増幅させているようだ。

・今すぐ読みたい→
エリザベス女王がまさかの「三下り半」 公的地位剥奪されたメーガン妃の誤算 https://cocokara-next.com/topic/deprivation-of-public-status/


 夫妻の長男の肌の色をめぐる人種差別的発言、人種を背景に長男には「王子」の称号も警護もなし、追い詰められて抱いた自殺願望、義姉のキャサリン妃との対立、過熱するパパラッチ報道――メーガン妃の「告白」は衝撃的だった。ヘンリー王子が父親のチャールズ皇太子や兄のウィリアム王子について「王室に捕らわれの身で同情する」と発言したのもショッキングだった。

 夫妻が拠点を置く米国内ではメーガン妃に同情的な声が上がっているが、英国内の反応はだいぶ温度差がある。

 市場調査などを手掛ける英企業「YouGov」が特番を視聴した英国人約4600人にアンケートを実施。それによると、「王室とヘンリー王子夫妻のどちらに同情するか」との問いに、「女王や王室に同情した」との回答が36%を占めた。「夫妻に同情した」との回答は22%にとどまり、「どちらとも言えない」の28%も下回った。「夫妻は王室によって公平と不公平、どちらに扱われたと思うか」との問いには、「公平」「不公平」が同じく32%に達して真っ二つ。一方、「分からない」も36%に上ったという。





 英メディアの報道も批判的だ。英国内で特番が放送された翌日、デイリー・エクスプレスは「悲しすぎる結末」と見出しを打ち、エリザベス女王とチャールズ皇太子、ウィリアム王子の3者が緊急協議したと報じたデイリー・メールは、「ヘンリー王子は核ボタンを押したようなもので、王室内にはそのショックと緊張と悲しみが織り混ざった空気が重くのしかかっている」と伝えた。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧