コーヒー、カツオ、キレイ・・・外国で使うと卑猥な意味になる日本語とは

2020/4/15

 日本人が日常で使う言葉も、同じ発音なのに外国では全く違う意味の卑猥な言語に解釈されてしまうケースがある。


 善意で伝えた言葉が先方を不快にさせてしまうと信頼関係が崩れてしまう。以下は海外では使わない方が良い単語の代表例だ。

・コーヒー
日本ではおなじみの飲み物だが、タイで使うと危険だ。タイ語で「コー」は「ください」、ヒーは「女性の性器」を意味する。つまりコーヒーは「女性器が欲しい=やらせろ」というニュアンスになってしまう。

・今すぐ読みたい→
日本人男性が異常にモテる意外な国とは 顔のコンプレックスが大きな魅力に https://cocokara-next.com/topic/witch-country-japanese-men-be-popular/





「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧