「2島プラスα」か「2島ポッキリ」か…「0マイナスα」も浮上する北方領土問題

2019/2/20

 安倍首相が「戦後外交の総決算」に位置付け、任期内の解決を目指す北方領土返還交渉が迷走している。

 2016年5月にロシアのプーチン大統領に「新たなアプローチ」を提案し、北方領土での共同経済活動をエサに前進を狙ったが、協議は低迷。逆に、昨年9月の東方経済フォーラムでプーチン大統領から「前提なしで平和条約締結」を押し込まれ、安倍政権は防戦に追われている。

・合わせて読みたい→
プーチンの術中にハマった北方領土交渉(https://cocokara-next.com/topic/northern-territories-negotiations/)

積み上げてきた「4島返還」に向けた下地がパー



 

 昨年11月の日ロ首脳会談で平和条約締結交渉の基礎とされた1956年の日ソ共同宣言は、平和条約締結後の歯舞群島と色丹島の日本への引き渡しを明記。国後島と択捉島を含む「4島一括返還」を目指してきた従来の政府方針を大きく後退させる事態になった。

 日本政府が93年の東京宣言と01年のイルクーツク声明で積み上げてきた「4島返還」に向けた下地がパーになってしまったのだ。

「レガシーに固執する安倍首相は政府方針の大転換について説明から逃げたまま、平和条約締結交渉に前のめりになっています。悲願の憲法改正も、北朝鮮による拉致問題解決も先が見通せない。アベノミクス偽装も明るみになった。6年を超える長期政権にもかかわらず、成果と呼べるものは何もない。今年11月までしのいで日露戦争時のトップだった桂太郎元首相を超えて憲政史上最長政権となるか、日ロ平和条約締結くらいしかありません」(大手紙政治部記者)

 事実上、「4島一括返還」の線は消え、焦点は「2島ポッキリ」か「2島プラスα」に移った。しかし、それでもなお協議は難航している。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧