プーチンの術中にハマった北方領土交渉

2019/1/15

 「戦後日本外交の総決算を果断に進める」

 安倍首相は年頭所感でこう息巻いていたが、「安倍外交」は新年早々どん詰まりだ。

・合わせて読みたい→
2島どころかゼロ返還…完全破綻した「外交の安倍」とプーチンの思惑(https://cocokara-next.com/topic/japan-russia-diplomatic-issue/)


 前のめりで取り組んできたロシアとの北方領土返還交渉は暗礁に乗り上げた。1月14日の日ロ外相会談は惨憺たる有り様。北方領土返還交渉の前提となる平和条約締結に向けた日ロ両国の交渉責任者による初会合で、1月22日に予定される25回目の日ロ首脳会談の前座の位置づけだった。日ロ首脳会談で「成果」を挙げようという安倍首相のもくろみは木っ端微塵に吹き飛ばされた。

 日ロ外相会談は終始ラブロフ外相のペースで進められた。和やかな雰囲気を演出しようとする河野外相に対し、ラブロフ外相は硬い表情を崩さず、「最初の一歩は南クリル諸島(北方領土)におけるロシアの主権を含めて、日本が全面的に第二次大戦の結果を認めることだ」と主張。「日本が国内法で『北方領土』と規定していることは受け入れられない」と迫ったのだ。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧