放映権料9・8億円!? エリザベス女王を完全に敵に回したメーガン妃の凄まじい王室批判

タグ: 2021/3/9

 英王室から正式離脱したヘンリー王子とメーガン妃が出演したドキュメンタリー番組は、下馬評を超える衝撃的な内容だった。離脱を主導したとされるメーガン妃は言いたい放題。言葉を選びながらも人種差別や隠蔽体質を暴露し、王室批判を展開。エリザベス女王を完全に敵に回した格好だ。

・今すぐ読みたい→
エリザベス女王がまさかの「三下り半」 公的地位剥奪されたメーガン妃の誤算 https://cocokara-next.com/topic/deprivation-of-public-status/


 問題の番組は米CBSが7日(現地時間)に放送した2時間特番「Oprah with Meghan and Harry」。夫妻と親交がある名司会者のオプラ・ウィンフリー氏が聞き手を務め、メーガン妃が中心となって話を進めた。中でも、世界をア然とさせたのが、長男のアーチー君をめぐる王室内でのやり取りだ。メーガン妃は妊娠中に「肌の色がどれだけ濃いのかという懸念があり、やりとりがあった」と説明。周囲がヘンリー王子に対し、子どもの肌の色について何度か口にしたというのだが、発言主については「大きなダメージを与えることになる」と明かさなかった。

メーガン妃は父親が白人、母親がアフリカ系米国人。ウィンフリー氏が「肌の色が濃すぎると問題になるという懸念が(王室に)あったということか」と問いただすと、メーガン妃は「なぜなのか追及できなかったが、そう考えて大きく外れていないと思う」と応じた。アーチー君の王位継承順位は7位だが、「王子」の称号は与えられていない。夫妻が称号を拒んだとされていたが、メーガン妃は「彼ら(王室側)が王子にしたがらず、警護も付かないと言われた」と内幕を暴露した。





「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧