国民の8割が「中止」望むも強行開催へ・・・五輪決行に振り回される人々

タグ: 2021/1/29

 東京五輪開幕からすでに半年を切った1月28日の朝刊各紙では、1面トップに胸が痛む見出しがつきました。

 「感染1億人 世界の78人に1人」

 こんな状況で果たして東京五輪が開催できるのでしょうか。

・今すぐ読みたい→
国民とコロナに得意技の恫喝は通用しない・・・菅義偉総理の誤算とは https://cocokara-next.com/topic/yoshihidesuga-miscalculation/


 世界中の人々が日本を訪れ、公共交通機関を利用する。自国の勝利に歓喜し、街中で酒に酔い、大きな声でしゃべり、歌う光景はサッカーやラグビーのワールドカップ時にも国内の開催地で見られてきました。

 日本ではウレタンマスクや布マスクにも厳しい視線が注がれ、「不織布マスク警察」が出現する今日この頃。感染拡大防止へ人々の意識がさらに高まる中で、ウイルスの感染経路を拡げてしまう世界的ビッグイベントの強行開催に国民が賛同できないのも、致し方ないところです。

 さらにはボランティアや五輪のための医療用スタッフの確保もあります。ステイホームが声高に叫ばれ、医療従事者への過度なストレスが問題となる中で、大きな負担を強いる五輪決行の流れには、大多数の人々がアレルギー反応を示しています。

 国民の8割が中止を望む中での強行開催-。最も心を痛めているのは、主役となるはずのトップアスリートに他なりません。





 在京スポーツ紙の五輪担当記者は言います。

 「本来なら東京五輪は、自国開催で注目される中、最高のパフォーマンスを発揮できるという、トップアスリートにとってこれ以上ない舞台でした。しかし今では国民の8割が開催に反対し、『そんな中でやっていいのか』と自問自答しながら日々、鍛錬に取り組むアスリートが殆どです」

 「メディアに『五輪へ頑張りたい』と発言すれば、ヤフコメ欄には『空気読め』『自分さえ良ければいいのか』という批判の声が溢れかえる。本来なら人々に勇気を与えるはずの決意が『ワガママ』に見えてしまう。心中を察するといたたまれないものがあります」

 そして新聞各紙、テレビ各局の五輪担当も、心が辛い日々が続くというのです。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧