「イッテQ!問題」の初動対応、三遊亭楽太郎の不倫謝罪会見等から学べる教訓

2018/12/6

 間違ったことをしたと思ったら、まずちゃんと謝る。子供でもわかることをできない大人が、後を絶たない。

 日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」が『やらせ疑惑』に揺れている。

・合わせて読みたい→
香取慎吾さん、草なぎ剛さん、稲垣吾郎さんと共演 abema「ななにー」で感じた「人間味のある番組は面白い」(https://cocokara-next.com/motivation/tanakadaiki-serialization-6/)

初動対応のミスが、すべての引き金


 11月8日発売の「週刊文春」が、ラオスでの橋祭り企画を『でっち上げ』と報じたが、同局は文書で完全否定。誤解を与えた事に反省を示ししつつ、現地コーディネート会社に責任転嫁した。同15日発売の同誌が第2弾としてタイでのカリフラワー祭での『やらせ』を報じると、同局の態度は一変。大久保好男社長が制作サイドの否を認め、謝罪会見を開く事態に発展した。人気コーナー「祭り企画」は無期限休止となった。

 20%超えが珍しくなかった視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は報道後、下降の一途をたどる。11月4日放送回は18.3%をマークしたものの、同11日が16.6%、同18日が16.5%。12月2日は14.0%まで落ち込んだ。裏番組で放送されたテレビ朝日「M-1グランプリ2018」が17.8%と高視聴率を記録したことを差し引いても、ここ3年連続平均視聴率トップ番組の低迷ぶりは深刻だ。

 初動対応のミスが、すべての引き金となった。

 同局の反省よりも、責任逃れを視聴者に感じさせる内容であり、さらにはラオス政府まで巻き込む大騒動となった。報道番組と違い、バラエティーは、ある程度の『やらせ』を前提として見ている視聴者は多い。

 SNSでは賛否両論あったが、国民的人気コーナーだけに企画続行を求めて応援する声もあったが「最初にしっかり認めて謝ってくれたら良かったのに」と落胆させた。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧