GSOMIA破棄、さらなる孤立を招く韓国・文在寅大統領のオトモダチ政治

2019/8/26

 安倍政権による対韓輸出規制への報復措置として、文在寅政権が決定したGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄が波紋を広げている。GSOMIA維持を再三要請してきた米国のメンツは丸つぶれ。

米国の怒りを買ってまで文在寅政権はなぜGSOMIA破棄に踏み切ったのか?


そもそもGSOMIAは、核・ミサイル開発を進める北朝鮮対応で日米韓3カ国の連携を重視する米国の強い働きかけによって締結されたものだった。米国の怒りを買ってまで文在寅政権はなぜGSOMIA破棄に踏み切ったのか。

「法務部長官候補の曹国氏をめぐる不正疑惑から世論の目をそらせるため、GSOMIA破棄という危ういカードを切ったのではないか、とみられています。曹国氏は文在寅政権誕生後、大統領府の民情秘書室長を2年半ほど務めた文在寅大統領の最側近。文在寅大統領は重要課題のひとつである司法改革を推進するため、右腕の曹国氏を法務部長官に内定し、国会に任命同意案を提出したのですが、その矢先にスキャンダルが噴出し、世論の猛反発を買っているのです」(韓国テレビ関係者)

民情首席秘書官は政府高官の監視と司法機関を統括するポストで、組閣のための候補者推薦と人事検証などを担い、「政権ナンバー2」ともいわれる。その重要ポストを経た曹国氏に看板政策の実行を託そうとしたところ、当の本人がグレーだったというのだからシャレにならない。

・合わせて読みたい→
韓国U-18が優勝杯を「踏みつけ」で主催の中国が激怒、現地紙「日本人はゴミを拾う…」(https://cocokara-next.com/stress/korean-football-team-tread-on-a-trophy/)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧