韓国で白熱する「東京五輪ボイコット」議論、板挟みの文在寅大統領

2019/8/24

 出口が見えない戦後最悪の日韓対立をめぐり、韓国国内では1年後に迫った東京五輪のボイコット議論が白熱している。野党の国会議員が口火を切った五輪ボイコットはスポーツ界にも広がっているが、こうした動きに文在寅大統領は板挟みになっているようだ。

板挟みの文大統領


 日本が終戦の日を迎えた8月15日、韓国は日本による植民地支配からの解放を記念する「光復節」を迎えた。中部・天安での記念式典に出席した文在寅大統領は、東京五輪について「友好と協力の基礎を固め、共同繁栄の道に進む絶好の機会」とし、「世界の人々が平昌(五輪)で『平和の韓半島(朝鮮半島)』を見たように、東京五輪で友好と協力の希望を持つようになることを望む。私たちは東アジアの未来の世代が協力を通じた繁栄を体験できるように、与えられた責任を果たすことだろう」と演説。五輪ボイコットに消極的な姿勢を示した。なぜか。

「現実問題として、五輪ボイコットに賛同する可能性がある国・地域は北朝鮮しかなく、ヘタに強行すれば韓国が国際社会から孤立しかねません。それに、南北融和路線を進める文在寅大統領は2032年にソウル・平壌五輪の共同開催を模索しており、光復100周年となる2045年に『ワンコリア』となる構想を持っている。その流れの中で五輪共催は必須で、五輪ボイコットは構想実現の足かせになると判断しているのです」(韓国メディア関係者)

・合わせて読みたい→
韓国U-18が優勝杯を「踏みつけ」で主催の中国が激怒、現地紙「日本人はゴミを拾う…」(https://cocokara-next.com/stress/korean-football-team-tread-on-a-trophy/)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧