被弾で広がる嫌中ムード…保険タダ乗りも住宅高騰も「中国人が悪い」

タグ: , 2020/10/22

 韓国の人気音楽グループ「BTS(防弾少年団)」メンバーの発言で火が付いた中韓対立がこじれている。中国では韓国締め出しが広がり、韓国では嫌中ムードが高まっている。





・今すぐ読みたい→
韓国テレビ通販バカ売れジャケットが大波紋…実は「メード・イン・ノースコリア」だった https://cocokara-next.com/topic/made-in-north-korea/


 対立の発端は朝鮮戦争開戦70年をめぐるBTSリーダーのRMの発言だった。今月上旬、米非営利団体「コリア・ソサエティー」が開いたオンライン授賞式で、「(米韓)両国が共に経験した苦難の歴史と無数の男女の犠牲を忘れない」と話すと、中国のインターネット上では批判が殺到。中国共産党機関紙の人民日報系の環球時報(英語版)が「米国が侵略者なのに、BTSは米国におもねった」と非難したため、騒動はさらに大きくなった。中国ではBTSファンクラブからの脱会宣言が相次ぎ、韓国メーカーに対する誹謗中傷も相次ぐ。

「真偽は不明ですが、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)に『BTSの携帯ケースをつけているという理由で、路上で暴行を受けた』という書き込みもあった。そのユーザーは足を骨折し、顔に重傷を負ったと主張しているのですが、それに対して、『当然だ』などの反応もあります。中国物流大手の韻達(ユンダー)がBTS関連商品の配送の当面中止を発表するなど、余波は広がる一方です」(中国メディア関係者)

 一方の韓国では、大手メディアが「BTSの受賞の感想まで中国が検閲してる」と反発するなど、一歩も引かない。偶然なのか必然なのか、中国に関するネガティブ情報がどんどん流されている。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧