あのカミラ夫人を超えた!英王室離脱から間もなく1年・・・メーガン妃の深刻な嫌われ方

タグ: 2021/2/12

 昨年3月に英王室を離脱し、米国に拠点を移したヘンリー王子とメーガン妃への反感は広がる一方のようだ。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じた世論調査では、とりわけメーガン妃の好感度がダダ下がり。ダイアナ元妃を襲った悲劇から、長らく批判の的だったチャールズ皇太子のカミラ夫人にまで水を空けられている。

・今すぐ読みたい→
ダイアナ元妃のマネ?事務的理由?メーガン妃「名前変更」でまた騒動 https://cocokara-next.com/topic/change-name-trouble/


「デイリー・エクスプレス」が報じたのは、マーケティング調査などを手掛ける英企業「YouGov」が昨年10月から12月にかけて実施した「王室メンバー好感度調査」だ。その結果、好感度1位はウイリアム王子で、回答者の75%が肯定評価。2位はエリザベス女王の72%、3位はキャサリン妃の67%だった。ウィリアム王子夫妻の好感度の高さが際立っている。

一方、ウィリアム王子の弟のヘンリー王子の好感度は、その半分近くまで落ち込む。肯定評価は41%で、ランキングは8位。そして、女優出身で知名度は抜群のメーガン妃に至っては32%で、キャサリン妃の半分にも満たない。「英国で最も嫌われている女性」と揶揄されてきた義母・カミラ夫人の37%を下回る不人気ぶりだ。ランキングはメーガン妃が11位、カミラ夫人が9位という結果だった。

「デイリー・エクスプレス」は「一時は民衆の敵NO.1だったカミラ夫人の9位を下回る好感度」とメーガン妃を揶揄している。王室ブランドを徹底利用するビジネス展開、慣習を無視した政治的言動、振り回されて道化のように見えるヘンリー王子への同情と失望……。様々な要素があいまって、少なくとも英国では夫妻の好感度は上がり目がなさそうだ。






・今すぐ読みたい→
元側近妻に実刑判決「文在寅VS検察バトル」国民そっちのけで泥沼化
レームダック文在寅政権「日中韓首脳会談見送り」大慌てで火消しの焦燥
止まらない文在寅離れ「不支持率」過去最高 国民の半数が「検察叩きはやりすぎ」

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【浅倉カンナ選手】第2弾キャラクターフェイスタオル

浅倉カンナ選手のキャラクターフェイスタオル第2弾の発売が決定いたしました! 浅倉選手のキュートなキャラクターがあしらわれたデザインとなっています。 こちらは期間限定の受注生産販売です。 是非ご購入頂き、3/21のタイトルマッチへ向け皆さんでエールを送りましょう!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧