その責任感、会社に毒です!テレ朝・富川アナの強行出勤、集団感染から何を学ぶべきか

タグ: , 2020/4/21

 テレビ朝日「報道ステーション」内での新型コロナウィルス集団感染が止まりません。同社は4月19日、30代の契約スタッフが新たに感染したことを発表。出演者やスタッフの感染者はこれで計4名になりました。


 中でもメインキャスターである富川悠太アナウンサーの感染は世間に衝撃を与えました。国立高校時代は野球部に所属していたスポーツマン。爽やかで快活なアンカーマンをも襲ってしまうとは…。明日は我が身。誰にでも感染の可能性はあるのだと、人々が対策への思いを強くする契機にもなったのです。

 しかし感染までの経緯については、「何とかならなかったのか」との声もあります。

 同番組によれば、富川アナは3日の起床後に38度の発熱があり、4日にも発熱があったといいます。5日は体調に問題はなかったとのことですが、7日の放送中には再び異変を感じ、8日には階段を上る際に息切れを感じるようになったそうです。9日にはスタッフに「きょうの放送を乗り越えれば休むことができる」などとLINEしていたと報じられています。





 ある大手メディアで労務関係を担当する関係者は、「せめて早い段階で『念のために出社を控えます』と話してくれたら、状況も随分変わったでしょう」と指摘します。

 「このご時世、発熱や体調の異変があったら『もしかしたらコロナかも』『周りにうつしちゃうかも』という謙虚な姿勢が求められます。会社にとって一番毒なのは『俺がやらなきゃ』と責任感を持って『強行出勤』してしまうことです。特に局アナさんは打ち合わせやメイクルームなど、スタッフとのタッチポイントが多岐に及びます。周りのスタッフも『念のため、しばらく休まないか』と言ってあげられればよかったのでしょうが…」

・今すぐ読みたい→
新型コロナ 感染者「韓国超え」を招いた安倍政権のつまらない意地 https://cocokara-next.com/topic/infected-person-beyond-korea/

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧