ポイントは日常の【ルーティン】化~自律神経研究の第一人者小林先生がおススメ5つ(後編)

タグ: , , , 2018/1/31

心・技・体ではない、体・技・心である~ルーティンのススメ【3】【4】【5】

 自律神経研究の第一人者で、順天堂大学医学部教授でもある小林弘幸先生から、毎日の生活をルーティン化するおススメの具体的な方法を紹介する続編です。

ルーティンのススメ【3】睡眠の質をあげるには腸内環境

 強い身体を作るには、細胞のひとつひとつに、どれだけ質のいい血液を流すことができるかです。それをするのが自律神経であり、質を決めているのは腸内環境になります。食事でコントロールしようというのは難しいです。「私の病院では便秘患者の改善率がすごいいいんですよ。他の病院と出す薬は一緒にもかかわらず、良くなるのは、食物繊維と乳酸菌を勧めているためです。」腸内環境がよくなれば、底力が強くなります。そのうえで副交感神経が上がります。そうすると、睡眠がしっかり取れるようになります。ほかには、寝具を変えるのもオススメです。

ルーティンのススメ【4】夕食は寝る前に3時間あける、寝る前にスマホは見ない


 家に帰ってきて、スーツや仕事着のまますぐにソファーに座り、テレビをつけたり、スマホを見たりしてしまう人は要注意です。帰宅後ホッと一息付きたいところですが、着替えを済ませて、短時間にしてください。また、夕食を食べてすぐ眠るのもダメです。消化のことを考え、3時間ほど開けたほうがいいですね。もし、飲み会などで暴飲暴食など、ルーティン以外のことをしてしまったら、なるべく次の日にリカバリーをしましょう。

 翌朝、早く起きて朝ごはんをしっかり食べるようにしましょう。

 さらに、寝る時にスマホを見てはダメです。スマホやPCなどが放つバックライトは交感神経が優位に働くため、いつまで経っても眠くならず睡眠不足に陥ってしまうからです。

ルーティンのススメ【5】翌朝の予定表を見直してみること

 夜寝る前にしていいことは、明日の予定表を確認することです。もう一度予定を見るとホッとします。それプラス、明日のイメージングができます。一日の「心の余裕」が持てます。いかに7割で生きるか。めいいっぱいだと疲れてしまいます。心にも身体にも余力が無いとストレスを溜めてしまいます。「時代は変わってきました。30代になれば、ガンも、他の病気もなんでもありですからね。食道ガンは、かつて70、80代の病気だったんです。これらは、ストレスと関係していますからね。」と警笛を鳴らします。

「自律神経が整えば休まなくても絶好調」
小林 弘幸 著 KKベストセラーズ
日本人がなかなかできない「休み方」について自律神経の働きに沿って丁寧に解説。普段の生活で気をつけるべき25個のコツも紹介。

■編集部からのお知らせ
12月7日に販売の雑誌「CoCoKARAnext」では《日常のなかで気軽にできる最強の運動【歩く】の5W1H》を特集する他、現WBO世界王者の井上尚弥、高木豊と3人のJリーガー息子の「高木家の人材育成論」等、アスリートと一流仕事人に学ぶ情報が満載。今号はプレゼント企画も実施中です。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

〔文/構成:ココカラネクスト編集部 〕

小林 弘幸(こばやし・ひろゆき)

1960年、埼玉県生まれ。順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手や文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上にかかわる。じつは、漫画雑誌が大好き。

「ストレス」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧