ガムを所持しただけで罰金80万円以上払わなければいけない国とは

タグ: , 2018/8/7

 
 ガムをポイ捨てしたら罰金ではなく、持ち込んだだけで罰金を払わなければいけないのがシンガポールだ。金額は日本円で約81万円(10000シンガポールドル)。日本では想像できない法律だが、街の景観を重視しているシンガポールでは浸透している。

・合わせて読みたい→
中国人に絶対に贈ってはいけないプレゼントとは(http://cocokara-next.com/lifestyle/gifts-do-not-send-it-to-absolutely-china/)


  
 今では世界一美しく安全な国と言われるシンガポールだが、過去には公団住宅や公共施設などで鍵穴や郵便受けにガムをつけるいたずらが多発するなど、吐き捨てられたガムを撤去する費用が膨大にふくらんだ。

 いたずらはエスカレートして、列車のドアのセンサー部分にガムをつける悪事が横行。被害額の費用がかさみ列車の遅延が相次いだことから、92年に当時首相だったゴー・チョク・トン氏がチューイングガムの禁止を決定した。

 シンガポールではガムを所持しているだけで罰金となるため、旅行客は入国審査の前に破棄しなければけない。また、ガムを密輸した場合も最長1年間の禁固刑と170万円の罰金を払わなければいけない。

 
 ガムだけではない。路上にごみを捨てたり、公衆トイレで利用後に水を流さなかったり、電車内で禁じられている飲食をした場合も罰金を払わなければいけない。

 「罰金社会」とも揶揄される制度だが、シンガポールの美しい都市計画に大きな影響を与えているのも事実である。猛暑の中、電車内でのどが渇いて無意識に給水しても約4万円の罰金を払わなければいけない。

 日本と外国では文化、慣習、法律、価値観が違う。旅を楽しむためにも、「郷にいては郷に従え」の精神が重要だ。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

関連記事

「ストレス」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧