史上最高の紅白戦、「地の利」甲子園、秘密兵器オムツ・・・夏の甲子園総括

タグ: 2021/8/30

 2年ぶりに開催された第103回全国高校野球選手権。決勝は智弁和歌山が智弁学園(奈良)との「兄弟校」対決を制し、21年ぶり3度目の優勝で幕を閉じた。コロナ禍に加え、異常な長雨にも見舞われた夏の甲子園大会を総括した。

・今すぐ読みたい→
楽天が「明桜・風間」ドラ1候補明言で断ち切りたい「負の歴史」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/eagles-negative-draft-history/



 
◆史上最高の紅白戦

 「智弁」対決となった決勝戦。ユニホームの見た目はほとんど同じ。SNSでは「どっちがどっちかわからん」という話題が沸騰。走者が塁間に挟まれて内野に両軍選手が集まった時は大いに盛り上がったが、当事者の選手たちは「迷うことはない」と声をそろえた。車で約1時間の距離にある両校は交流試合も多く、見慣れているのか、似たユニホームへの違和感はない様子。修学旅行も一緒で、現3年生は昨年12月に3泊4日で四国・山陽地方へ出かけ、選手同士が連絡を取りあい、仲も良い。赤と白のユニホームにもかけて、ネットでは「史上最高の紅白戦!」というコメントもあった。

◆オムツで「神整備」

 異常な長雨に見舞われた今大会は、7度の雨天順延で日程がずれたが、大活躍したのが、甲子園のグラウンド整備を担当する阪神園芸だった。水浸しのグラウンドに通称「オムツ」といわれる吸水マットを設置。実際のオムツにも使用される素材で、みるみるうちに水たまりがなくなり、新しい土を入れて、ラインを引くまでに約1時間。見た目には絶望的なグラウンドコンディションを、短時間で試合を再開させるまでの様子がテレビで流され、「神整備」としてSNSでたたえられた。





◆地の利?近畿4強独占

 近畿勢が大躍進した。ベスト8に5校が残り、ベスト4は智弁和歌山、智弁学園、京都国際、近江(滋賀)と4校で独占。優勝候補だった大阪桐蔭は2回戦で近江に敗れており、地力の高さを見せつけた。近年は「東高西低」の傾向が出ていたが、東日本勢は初めてベスト8に1校も残ることができなかった。

 準々決勝で智弁学園にサヨナラ負けした明徳義塾(高知)の馬淵監督は「これだけ雨で延びたら、地方からきた学校は思うように練習場所を確保できない」と要因を分析。学校が近い近畿勢には各自の学校で練習が認められていた。

 前回大会と比べ、完封試合は「5」→「10」と倍増。本塁打数は「48」→「36」に減少。長雨で調整に苦労し、実戦から離れ、とくに打者は感覚を取り戻すことが難しかったようだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧