【ドラフト】内野手を4人指名した中日の意図とは?元ヤクルト編成部長が各球団のドラフト指名を評価!

タグ: , , , , 2022/10/22

(C)CoCoKARAnext

 名将・野村克也氏の下、ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチを務め、ヤクルトでは編成部長、ファームディレククターなども歴任。選手の目利きに定評のある松井優典氏が、中日ドラゴンズのドラフト指名を評価した。

 今月20日、2022年度のドラフト会議が行われ、中日はドラフト会議前日に公表した、沖縄大・仲地礼亜投手の一本釣りに成功。力のある直球とスライダーを中心とした多彩な変化球を駆使する本格派右腕で、即戦力として大いに期待できる投手だ。

【関連記事】【2022年ドラフト総括】クジ運「最弱」岡田監督、意外に低評価だった近江山田、大阪桐蔭で明暗






 仲地投手については、「ちょっと面白いぞという選手。身体も強いし、かなりレベルの高い右投手だと思う」と評価していたが、「ただ、事前に公表するまでの選手かは疑問」と率直な印象を述べた。

 松井氏は、「内野手を4人取っているし、偏った指名をしたなという印象」と話し、中日の評価を”C”とした。内野手を多く指名した中日の意図としては、「現場なのか、フロントが中心なのかはわからないけど、高橋周平であったり、阿部、若い石川がいたりするけど、その後の選手が中々出てこないということで、内野手を取ったのかな」と推測した。

 また、松井氏は、「内野手の中で、2位で指名した明治大の村松は、広角にレベルの高いバッティングができる打者。これは立浪監督が実際に見に行って、取ろうと決めたみたいだし、現場が欲しいと思った選手を指名しているんだろうね」と、明治大・村松開人内野手を高く評価した。

 今シーズン、得点力不足に苦しみ、6年ぶりのリーグ最下位に沈んだ中日。ドラフトで指名した内野手4人の中から、課題の打撃面で救世主となるような選手は現れるのだろうか。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「山田と中川なら中川のほうが上」 日本シリーズ展望 球界OBが指摘したヤクルトの「穴」とは

【関連記事】日ハム・近藤の「流出」を決定づけた指揮官の「非情発言」とは

【関連記事】原巨人 浅野獲りで加速する「追いこまれる選手」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧