【ドラフト】楽天の投手指名を高く評価も「少し心配」と話した訳とは? 元ヤクルト編成部長が各球団のドラフト指名を評価!

タグ: , , , , 2022/10/25

(C)CoCoKARAnext

 名将・野村克也氏の下、ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチを務め、ヤクルトでは編成部長、ファームディレククターなども歴任。選手の目利きに定評のある松井優典氏が、東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト指名を評価した。

 今月20日、2022年度のドラフト会議が行われ、楽天はドラフト会議2日前に公表した、立大・荘司康誠投手の一本釣りに成功。189センチの長身から投じる最速154キロのストレートが武器が魅力の本格派右腕で、即戦力の活躍も期待できる。

【関連記事】「頭でっかちになってる」原巨人、有力OBが指摘した「最弱投手陣」の問題点とは






 松井氏は、楽天の評価を”B”とした。印象としては、「楽天は田中将大、岸、涌井、則本らがベテランになってきた。今回のドラフトでは投手を5人取っているし、先発の世代交代を急いでいるというチーム事情を物語っている。石井監督の意向が反映されたのかな」と、投手を多く指名した点に言及した。

 また、ドラフト1位の荘司投手と、2位の鷺宮製作所・小孫竜二投手については、「荘司は角度もあって、球も速いので凄い良い投手。2位の小孫も以前から速い球を投げることで注目されてはいた」とその能力を高く評価したものの、「ただ、荘司は肩を痛めた時期があったみたいで、大学時代は4年生の時の実績しかない。小孫は制球面に不安がある投手で、社会人になってから結果を出したが、荘司と同じように実績が1年しかない。そういった点では2人とも少し心配かな」と、2投手のアマチュア時代の実績を指摘した。

 松井氏は「6位で指名した林は、ワンポイントで使える投手」と西濃運輸・林優樹投手について振れた上で、「全体的に見ても来年にもすぐに使いたいと考えたドラフトだったと思う」と総括した。

 今回指名した5人の投手が、ベテラン先発陣を押しのけるような活躍を見せることができるのだろうか。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】日ハム・近藤の流出が決定的と見られる「理由」 ささやかれる現場との「温度差」とは

【関連記事】大谷翔平、ささやかれる「1対6トレード」でのドジャース行き 米報道「エンゼルスファンに楽しい噂ではない」

【関連記事】【2022年ドラフト総括】クジ運「最弱」岡田監督、意外に低評価だった近江山田、大阪桐蔭で明暗

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧