【ドラフト】ヤクルトの「素材的にとても面白い」選手とは? 元ヤクルト編成部長が各球団のドラフト指名を評価!

タグ: , , , , 2022/10/25

(C)CoCoKARAnext

 名将・野村克也氏の下、ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチを務め、ヤクルトでは編成部長、ファームディレククターなども歴任。選手の目利きに定評のある松井優典氏が、東京ヤクルトスワローズのドラフト指名を評価した。

 今月20日、2022年度のドラフト会議が行われ、ヤクルトはドラフト会議前日に公表した、東芝・吉村貢司郎投手の一本釣りに成功。最速153キロの直球と多彩な変化球で高い奪三振率を誇る本格派右腕で、1年目からの先発ローテーション入りも大いに期待できる投手だ。

【関連記事】日ハム・近藤が「監督手形」を捨ててまで「得たいもの」とは






 松井氏は、ヤクルトの評価を”B”とした。その理由については、「石川は歳を重ねてきたし、左のリリーフは田口一人に頼っている状況で、全体的に見ると左投手投手がいない。だから、1位は吉村を指名したけど、白鷗大の曽谷を競合で取りにいっても良かったんじゃないかと思う。結果的に見ると、最初は曽谷を指名して、もし抽選に外れたとしても、吉村が残っていた可能性は高かったので、そういった戦略もありだった」と、即戦力の左投手を指名すべきだったと指摘した。

 それでも松井氏は、「2位で指名した西村は、素材的にとても面白い。今のヤクルトは村上を中心に、若い選手が育ってきているから、そういった面では西村の成長も楽しみ」と、高校54本塁打を誇る打撃が魅力の京都外大西・西村瑠伊斗外野手の指名を評価できるポイントとして挙げていた。また、4位で指名した高校生左腕の知内高・坂本拓己投手については、「馬力があるみたいだし、将来性という点で指名したんじゃないかなと思う」と話した。

 来季はリーグ3連覇を目指すヤクルト。1位の吉村投手は、即戦力として先発ローテの一角を担い、3連覇の力になれるのだろうか。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「頭でっかちになってる」原巨人、有力OBが指摘した「最弱投手陣」の問題点とは

【関連記事】大谷翔平、ささやかれる「1対6トレード」でのドジャース行き 米報道「エンゼルスファンに楽しい噂ではない」

【関連記事】FA戦線の目玉 西武・森 逆転残留の鍵を握る「陰のキーマン」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧