「ファイターズに何かを残さないといけない」2023年の新庄ハムの戦いで求められるものとは

タグ: , , , 2023/1/25

(C)CoCoKARAnext

 昨季は新庄監督を新たにむかえるも、リーグ最下位という成績に終わった日本ハム。今年こそ巻き返しを図る新庄監督が新たに打撃コーチにむかえたのが、阪神時代のチームメイトであり、先輩である八木裕氏だ。

 そんな八木氏をゲストにむかえ、今年の日本ハムについて、中日、西武、阪神で活躍、引退後は東北楽天ゴールデンイーグルスの初代監督も務めた野球評論家の田尾安志氏が23日に更新した自身のユーチューブチャンネル「TAO CHANNEL」で語り合った。

【関連記事】「まあ手強かったね」落合博満氏が語る岡田阪神 大山と佐藤輝の守備位置固定には「いいことだと思うよ」





 これまで現役時代、コーチも含めて阪神一筋でやってきた八木氏は、新庄監督と現役時代ロッカールームの場所が隣同士だったという縁もあり、日本ハムの再建を託された。同氏はパ・リーグは初めてだと話し、戸惑いを感じているようだが、「どんな選手がいて、どれくらい技術や体力があるかも分からないので、こっちから質問してどんな人間か知る必要がある」と、やる気を見せた。

 昨シーズンは、チーム打率.234、463得点と苦しんだ。日ハムの戦い方を見守ったという田尾氏も「これでいいのか」と疑問に思ったこともあったと本音を明かす。さらに昨年は新庄監督自身も「トライアウト」と位置づけ、故障者をのぞく登録選手全員を一軍の舞台で起用するなど、試行錯誤しながらチームの形を模索した一年だった。

 そして就任2年目となる今年、新庄監督は目標を優勝と大きく掲げ、退路を断って臨む覚悟を見せた。そんな監督の意志に、八木コーチは「どうやって我々が選手を良くして提供できるか。それをしっかりやっていきたい」と腕をぶす。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧