議論されるべき「1週間で500球」という球数制限 大会ナンバーワン投手がわずか31球で緊急降板

タグ: , 2021/4/1

 大会ナンバーワン投手が無念の敗退を喫し、再び若い投手の健康問題と球数制限がクローズアップされそうだ。2年ぶりに開催された春のセンバツ高校野球。最速151キロを誇る畔柳亨丞投手を抱える中京大中京は3月31日の準決勝・明豊戦に4-5で敗れた。

・今すぐ読みたい→
平成史上最悪のドラフト・・・ヤクルトの2014年暗黒ドラフトを忘れない https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yakult-swallows-2014-draft-players/



 この試合、畔柳は先発を回避。背番号10の柴田青投手が先発した。4回にその柴田が5点を失い、なお2死一塁という場面で畔柳が救援登板。そこから打者7人を完璧に抑えて5三振を奪い、剛腕ここにありと思わせた矢先のことだった。

 6回裏の攻撃、畔柳に代打が送られた。よもやの緊急降板。チームは9回に1点を返して1点差まで迫ったが、24年ぶりの決勝進出には届かなかった。

 「準備の時から肘が重たく、体に力が入らなかった」と右腕は説明した。これまでの3試合全てに先発。中1日間隔で計379球を投げていた。今大会は「1週間で500球」という球数制限が設けられており、この準決勝での可能投球数は121球となっていた。それに及ばない31球で、畔柳の春は終わりを告げた。





 この日の最速は140キロ止まり。自慢のストレートが武器の本格派が、投球の半数以上は変化球が占めた。投球フォームに持ち前の力感は戻らないままだった。球数制限に達するよりも前に、大きな負担により体は限界に達していたと見るべきだ。

 仮に中京大中京が決勝へ進出していた場合は、1週間という括りがなくなり、畔柳は決勝戦では221球投げることができる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧